【保護者の休暇取得支援】 – 社会保険労務士 有賀ヒメ子事務所

【保護者の休暇取得支援】

本日より野田市の小中学校は3/13まで臨時休校となりました。
それに伴い学童保育が臨時的に入所できるような体制となっているそうですので、
保育等お困りの方がおりましたら児童家庭課にお問い合わせください。
野田市役所 児童家庭部児童家庭課 電話:04-7123-1093

さて、
先日発表がありました厚生労働省の助成金についての内容ですが、
現在 制度の創設の発表のみで具体的な内容は明らかになっておりません。
(現在、構築中かと思われます)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09869.html

今わかる範囲としまして
*******************************************************************************
① 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、臨時休業した小学校等(※)に通う子
※ 小学校等︓小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支援学校(高校まで)、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等

② 風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、
小学校等に通う子
*******************************************************************************
との事です。
野田市にあてはめると②に関しては市内感染者無しですので
①のみ該当となります。

その①の場合、
「市内の小中学校等に通う子供がいる保護者の従業員さんが
今回の学校休業を理由に会社を休むこととなり、
普段の年次有給休暇とは別に有給休暇で休みとした場合、
その日の給与は国が負担します。(上限8,330円)」
という内容です。

ポイントとしては
・休業する労働者が小中学校等に通う保護者である事
・アルバイト、パート、正社員等は問わない
という点です。

まだその助成金の申請方法・要件などは明らかになっておりませんが、
現在 はたらき方改革により
「年次有給休暇が10日以上発生する従業員に年5日使用させる事」
が義務化されており、
これを実施しない事業主には
「30万以下の罰金(罰金なので前科付きます)」が課されます。
今現在、年次有給休暇を実施していない企業も多数見受けられますので
この機会に実施されてみてはいかがでしょうか??

今現在、監督署が抜き打ち検査を実施しており
・年次有給休暇の管理台帳が備え付けられているか?
・適正に有給を使用させているか?
などを調べている模様です。監督署はある日いきなり来ます!

年次有給管理台帳、作成していいなければ今すぐ作成してください。
監督署はまずこれを見せてください!というそうです。
(管理台帳の備え付けは義務化されております)
福井県の労働局が管理台帳のヒナ形を公開されていますので
よかったら参考にしてみてください。
https://jsite.mhlw.go.jp/fukui-roudoukyoku/hourei_seido_tetsuzuki/roudoukijun_keiyaku/hourei_seido/_120913_00013.html

年次有給休暇の取得については
あと1ヶ月ありますので、年5日の取得は間に合います。

今回の助成金、
情報入り次第 またご案内させていただきますが
まずはこの「年次有給休暇」の使用状況の見直しをされてみてはいかがでしょうか?

※今回の助成金でいう有給休暇と法定の年次有給休暇は別です。
今回の助成金の為に有給休暇を取得した場合、
おそらく年次有給休暇の取得にはカウントされないかと思われます。